ホームへ

ウォーレン レポート
DNA継承型オンラインRPG"ベルアイル"の魔法全般に関する情報・冒険での出来事及び、科学、特に遺伝子工学的見地からみた日常の雑学など、書き綴っていきたいと思います。
06 | 2006/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Necromancer
ネクロマンサーに

 え~、一週間ほど学会やら何やらでベルアイルにIn出来ていなかったWarrenなのですが、昨日晴れてネクロマンサーになる事が出来ました。これも、スキル上げを手伝ってくださった方々及び応援してくださった方々のおかげでございますm(__)m
 さて、"Necromancer"を辞書で調べてみると、占い師・魔術師・霊媒師・交霊術師・妖術師と色々な"師"が出てきますが、個人的には"屍術師"という訳が一番しっくり来ます。理由は、ネクロマンサーはネクロマンシー(降霊術を使って未来を占う)を行う魔法使いなのですが、実際は占いよりも、死人に命を吹き込んだり死体から新たな生命を創るといった屍術が中心だからなのです。スケルトンやゾンビなどもネクロマンサーによって召喚されていると、勝手に妄想していますw シジュツシ、シジュツシ、シジュチュシ…噛orz
 ええ、スキル上げについてですが、アフラームでどれだけLv1魔法を効率よく沢山撃てるかというのを考慮して敵を選ぶと上がりやすいと思います。特に闇魔法の場合は、アフラームの入口でひたすら魔法連発というわけにもいきませんし、敵選びは重要です。また、大勢で押し寄せて狩りをするのも意外と自分自身の魔法の発動回数は少なくなったりして効率は良くありません。1~3人くらいでスキル上げするのがベストだと思います。後は補助魔法を有効活用するのも良いですね。因みに90%を超えても、頑張れば一時間1%以上上昇します。運もありますが…
 残りの私の夢は、"闇の加護"を入手する事と、ダンディなお爺様(ペルソナでも被って)になる事ですかね…w 後はPvP大会などのイベントを開いてみたいというのはあります。開いても参加者がいるかどうかですが^^;
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。